ゴールデンウィークは藤の名所と藤まつりを巡ろう!

春を堪能しにお出かけしませんか?春の旅行におすすめのホテル・ツアーが満載です。

春を楽しむスポットへ出かけよう!春の国内旅行特集

ゴールデンウィークは藤の名所と藤まつりを巡ろう!

満開の藤の花はあでやかで品があり、老若男女、さらには時代を問わず人々を魅了し続けています。藤の見ごろは5月。ゴールデンウィークのお出かけに藤の名所に行かれてはいかがでしょうか。せっかく見に行くんだから、日帰りでせわしなく見るよりも、じっくりと時間をかけて観賞したいものですね。

一度は訪れたい! 藤の名所&藤まつりイチ押しスポット

藤の花には、桜とはまた違った魅力があります。満開の藤棚の下で、その魅力を堪能するには、やはり藤の名所や藤まつりに行ってみるのが一番ではないでしょうか。旅行客が多い期間ですから、旅行プランの作成や宿の予約は早めに済ませておきましょう。

<藤花園/埼玉県春日部市>

藤の名所で必ず名前が挙がるのが春日部の藤花園。最寄り駅(東武野田線藤の牛島駅)にもその名が冠せられている牛島の藤は、樹齢が1000年以上ともいわれ、国の特別天然記念物に指定されています。長いものでは2mにも達する立派な花房は、ほかでは決して見られません。廃寺となったお寺の境内が、そのまま藤花園として公開されています。1000年のときを経てもなお美しい紫色の花をつける大木は、一見の価値ありです。

  • 周辺の宿・ホテルを探す

<亀戸天神藤まつり/東京都江東区>

東京都下随一とうたわれる亀戸天神の藤の花は、戦災や災害によって傷つきながら、約350年前から花をつけ続けています。鈴なりに咲き乱れる藤棚の見事さは、新東京百景にも選ばれています。例年、4月下旬から咲き始め、ゴールデンウィーク前後に見ごろを迎えるため、地方からも見物客が押し寄せます。

  • 周辺の宿・ホテルを探す
  • イベント情報を見る

<尾張津島藤まつり/愛知県津島市>

尾張対馬藤まつりは、長さ275m、5034平方メートルにもなる天王川公園の藤棚が、見ごろを迎える4月下旬〜5月上旬にかけて行われます。まつり期間中は夜間ライトアップも。光に浮かび上がる夜の藤の花は、昼間とはまた違った趣が感じられることでしょう。藤棚の下には水路が流れており、水面に映し出される藤の花も楽しめます。

  • 周辺の宿・ホテルを探す

<白井大町藤公園/兵庫県朝来市>

藤の花が咲く時期のみ開園する白井大町藤公園。7000平方メートルの公園に、山陽随一ともいわれる幅4m・総延長500mにもなる藤棚が設けられています。風にそよぐ1m45cmもの花房は、見ているだけで優雅な気分に浸れます。

ページの先頭に戻る

藤の花にはこんなに種類があったこと、ご存知でした?

藤の花といえば、紫色の小さな花がいくつもついた長い花房を思い浮かべます。でも実は、藤の花にもいろいろな種類があるんです。せっかく藤のお花見に行くのなら、どんな種類があるかも知っておきましょう。

・九尺藤……長いものでは2mにもなる花房をつけます。花の色はやや濃い目の紫。花つきは多少まばらですが、長く美しく咲く品種なので、藤棚としての見栄えはすばらしいです。
・六尺藤……150cmほどに成長する長い花房が特徴。九尺藤と比べて少し花の色が薄いです。
・紫加比丹藤……15〜20cmほどの花房ですが、大きな花が花房全体で一気に開花します。
・白加比丹藤……花の色が白というほかは、紫加比丹藤と同じ特徴を持つ藤です。
・紫藤……花房は40〜50cmです。花は小さめで色は紫です。葉がやや細く薄い点が特徴です。
・八重黒龍藤……珍しい八重咲きの藤で、牡丹のようにふわふわの花びらが特徴。花の色は濃い紅紫色で花房は20〜30cmほどです。
・野田長藤……花のつき方は粗め。1mを超える花房をつけるものもあります。
・白野田藤……昭和白藤の別名を持ち、白い花をつける品種。白加比丹藤よりも花房は長く60cmほどになります。花は小さく遅咲きです。
・曙藤……開花から成熟する間に、花の色が朱色がかったピンク色から白く変わっていきます。遅めに開花する品種です。
・黒竜藤……丈夫で育てやすい品種なので、すぐに花を咲かせます。花は濃い藤紫色。花房は20〜30cmです。
・薄紅藤……その名の通り、薄紅色の花を咲かせる藤です。開花から時間が経つと、花の色が白く変化していきます。4月中旬頃には開花します。
・野田藤……「吉野の桜、野田の藤」と並び称された大阪・野田で、古くから人々を楽しませてきたことから、その名がつけられました。
・麝香藤(じゃこうふじ)……白い色をしている藤の花です。「ジャコウ」という名の通り、ムスクのような強めの香りが特徴的です。
・昭和紅藤……フジ属の中で紅色がもっとも濃い品種。樹齢を重ねるほど花のつきがよくなり、花房の見栄えもよくなります。花房の長さは10〜15cmほどと小ぶりです。

主なものだけでも、藤の花にはこれだけの種類があります。全国の藤の名所の中には、それぞれウリにしている藤の種類が異なっていたりします。せっかくお花見に行くのなら、1ヵ所だけではもったいない!ゆったりめのスケジュールを組んで、ルート上の近くの藤の名所をぐるっとひと巡りしても◎。

藤を楽しむおすすめのホテル・旅館(亀戸天神/東京)

  • プランを詳しく見る

藤を楽しむおすすめのホテル・旅館(尾張津島藤まつり/愛知)

  • プランを詳しく見る

春の国内旅行特集トップへ

ページの先頭に戻る


ページの先頭に戻る