糖尿病・肥満症におすすめの温泉 【るるぶトラベル】

糖尿病・肥満症におすすめの温泉についてご紹介します。温泉の効能から選ぶ温泉旅行をご案内。ちょっとこだわりの温泉旅行をしてみませんか?

温泉大辞典 温泉の効能から温泉の選び方がわかる!

糖尿病・肥満症におすすめの温泉

糖尿病・肥満症におすすめの温泉

糖尿病・肥満症におすすめの温泉についてご紹介します。
糖尿病と言えば生活習慣病の代表選手と言えるくらい、ポピュラーな存在です。実際に糖尿病は予備軍を含めると、一説には全国に2000万人以上いると言われており、成人の割合で見てみると約2割は糖尿病の疑いがあるという報告も出ているほどです。

また肥満症も、糖尿病と並んで生活習慣病の代表格です。特にスポーツなど、体を動かすことから離れてしまった30代頃からグッと現実味を感じるものになってきます。

糖尿病を予防・改善するには血糖値を下げること。そのためには運動、食事に気をつける必要がありますが、温泉の中には血糖値を下げる効果を持つ泉質のものがあります。温泉郷に出かけ、普段と違った風景、空気に触れれば気分もリフレッシュ。温泉に浸かって日頃の疲れを癒やしながら、糖尿病と付き合っていくのはいかがでしょうか。

ページTOPへ

糖尿病と温泉

糖尿病の予防策としては、とにかく血糖値を正常値まで下げることに尽きると言われています。そのためには食事に気をつけ、適度な運動に取り組むことが重要になってきますが、治療法の一つとして温泉の効能を利用するのもいいかもしれません。

炭酸泉はその名の通り炭酸ガスを多く含む温泉ですが、炭酸ガスには血糖値を下げる効果があるのでおすすめです。また、カルシウム、マグネシウムなども血糖値を正常に保つのに有効な働きをすることで知られているため、それらが多く含まれる重曹泉、石膏泉を探して温泉旅行に出かけると一石二鳥ですね。

通常、入浴よりも飲用のほうが直接体内に成分を取り込むことができるため、より高い効能が期待できます。しかし、温泉には飲用できるものとできないものがありますので十分にご注意ください。また、飲用できる場合でも、まずは医師などと相談の上で取り組むようにしましょう。

ページTOPへ

糖尿病に効果があると言われる泉質

二酸化炭素泉(炭酸泉) 文字通り、炭酸ガスを含む温泉。浸かると体に気泡がつくが、これが炭酸ガスで皮膚から吸収されて血圧を下げる効果がある。
芒硝泉 ナトリウム分を含んだ硫酸塩泉。薬効が高いとされており、飲用されることも多い。
石膏泉 硫酸塩泉の中で、カルシウムを多く含む温泉。無色透明のものが多く、焦げたような臭いを感じる場合もある。カルシウム分には、血圧を下げ、痛みを和らげる鎮静作用がある。
正苦味泉 硫酸塩泉の中で、特に苦味のある温泉を指す。マグネシウムが多く含まれている。「良薬口に苦し」と思って飲用を。
重曹泉 名前が示すように重曹、つまりナトリウムイオン、炭酸水素イオンが多く含まれている温泉。基本的に無色透明だが、少し濁っている場合が多い。
硫化水素泉 硫化水素を含む硫黄泉。炭酸ガスと同じく、硫化水素は皮膚から吸収されると血管を拡張し、血圧を下げる効果がある。地下から湧出する際は無色透明なことが多いが、空気に触れて酸化すると黄色っぽくなる。
放射能泉 ラジウム泉とも言う。ほとんど無色透明。高血圧、循環器障害、神経痛などにも効能があるとされており、「万病の湯」と称えられている。また、尿の排泄を促進させる効果もあるので「痛風の湯」とも呼ばれる。

ページTOPへ

糖尿病・肥満症におすすめの温泉宿・ホテル・旅館をエリア・都道府県から探す

ページTOPへ

糖尿病・肥満症とは

糖尿病・肥満症とは

糖尿病とは、血糖値が正常値よりも高い状態が続くことを言います。血糖値というのは、生命活動のエネルギー源となるブドウ糖が血液中にどの程度含まれているかを示すものです。ブドウ糖は体の細胞に取り込まれて使われるものですが、この時、主にインスリンが手助けをしてブドウ糖を細胞内に送り込んだり、脂肪やグリコーゲンに変換してエネルギーとして蓄えさせたりします。

しかし糖尿病になると、インスリンの出る量が減少し、ブドウ糖を処理し切れなくなります。そして、その結果として血糖濃度が上昇。細胞にブドウ糖を送り込めなくなり、やがて様々な問題が生じるようになっていくのです。

糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病がありますが、食事や運動といった日常生活の習慣が大きく関係しているものは2型糖尿病です。

2型糖尿病の予防や改善策としては、野菜をしっかり取るなどバランスのいい食事、規則正しい食生活、塩分、糖分、脂肪分などの取り過ぎに注意すること、暴飲暴食を避けること、適度な運動を習慣化することなど。そういった、健康を維持するために普段からできることに取り組むことが予防や改善につながると言われています。

糖尿病・肥満症とは

一方、脂肪組織が過剰に蓄積した状態のことを指す肥満症。肥満になると、糖尿病のほか、様々な健康障害を引き起こしやすくなります。

予防、改善のために規則正しい生活が大切なのは、肥満症も同様。見た目ではっきりと肥満と分かる方は自覚しやすいのですが、不規則・不摂生な生活を送っているのに外見がスリムな方は、見た目には分からないのに、実は内臓脂肪がたっぷりと付いているという場合もあるので、健康診断や体脂肪率を測定できる器具で日々チェックを行うなど、自分の状態を正確に知ることが大事です。

ページTOPへ

ページの先頭に戻る