冷え性(冷え症)におすすめの温泉 【るるぶトラベル】

冷え性(冷え症)におすすめの温泉についてご紹介します。温泉の効能から選ぶ温泉旅行をご案内。ちょっとこだわりの温泉旅行をしてみませんか?

温泉大辞典 温泉の効能から温泉の選び方がわかる!

冷え性(冷え症)におすすめの温泉

冷え性(冷え症)におすすめの温泉

冷え性(冷え症)におすすめの温泉についてご紹介します。
冷え性は男性にはあまり馴染みのないものかもしれませんが、女性にとっては非常に身近な存在です。もちろん症状に個人差はありますが、女性の7割程度が手足の冷えを感じているという報告もあります。

冷えてしまう体を温める方法は様々ありますが、温泉もその一つ。女性を悩ます冷え性改善のための温泉との付き合い方をご紹介します。

ページTOPへ

冷え性(冷え症)と温泉

冷え性の原因は血行不良ですが、血行を促進させるためには、体を動かすことが一番です。寒い冬でも体育の授業で校庭を駆け回っていた子どもの頃は、体が温かかったという経験は皆さんがしているはずです。筋肉を動かすことでエネルギーが発散され、血管が拡張して末端の血流も良くなります。ウォーキングやジョギングといった有酸素運動は非常に有効ですが、かかとの上げ下げやひざの曲げ伸ばし、ストレッチといった自宅でも簡単にできる体操に取り組むだけでも効果を感じることができるでしょう。

そして、血流を良くすると言えば温泉も効果的。温泉にゆっくり浸かって体を伸ばしていれば、血管が広がって血の巡りも良くなりますし、冷えた手足をダイレクトに温めることができます。ただ、熱いお湯ですと、温泉に入っている時はいいのですが、体温調節機能が働いてしまい、お風呂から上がった時に不必要な熱を早く放出しようとして湯冷めしやすくなるので注意が必要です。逆に、ぬるめのお湯にゆっくりと浸かることで湯冷めはしにくくなると言われています。

また、温水と冷水に交互に浸かる温冷浴は自律神経を刺激して血行が良くなることで知られています。冷たい水を浴びると血管が収縮してより冷たくなりそうというイメージがありますが、冷たい水から出た後は体の反射機能によって血管が広がり、体の内面からポカポカと温まる感覚になります。サウナによく入る人なら、冷たい風呂に入った後に体が温かくなる感じに馴染みがあるのではないでしょうか。

ページTOPへ

冷え性(冷え症)に効果があると言われる泉質

単純温泉(単純泉) 温度が25度以上のもので、含有成分が温泉法に定められた基準未満のもの。無色透明で無臭。含有成分の少なさから刺激が弱く体に優しい。
塩化物泉 その名の通り、お湯に含まれている塩分が多い。塩化物泉の特徴としては湯冷めしにくいことと、塩分の殺菌作用により外傷に効能があることが知られている。

ページTOPへ

冷え性(冷え症)におすすめの温泉宿・ホテル・旅館をエリア・都道府県から探す

ページTOPへ

冷え性(冷え症)とは

冷え性(冷え症)とは

冷え性というのは、主に手や足といった体の末端部分の温度が低く、ずっと冷えているような感覚に悩まされる状態です。冷たさに耐えられなくて眠れない、寝ていても途中で手足がつらくなって夜中に目が覚めてしまうというふうに睡眠不足に苦しんだり、手足がしびれて仕事や勉強に集中できなくなったりするなど、日常生活を送る上で支障が出ることもあります。

また、単に体の一部が冷えているという症状だけでなく、手足のしびれ、動悸、肩こり、腰痛、顔の紅潮などといった状態を誘発することがあります。冷え性は血行障害が続いているような状態ですので、目の下にくまができる、肌荒れがしやすい、貧血を起こしやすい等の症状が出る場合もあります。

冷え性は主に末端部分の血行障害によって引き起こされます。男性に比べて女性が症状を訴えることが多いのは、主に生理などによるホルモンバランスの変動、体温調整を司る自律神経のバランスが乱れることなどが起こりやすいからだと言われています。

冷え性(冷え症)とは

加えて、熱を生み出すために大事な役割を果たす筋肉量が男性よりも少ないこと、脂肪は熱を通しにくく、一旦冷えると温まりにくいという特徴があるのですが、皮下脂肪が男性より全体的に多いことも、冷え性を引き起こす要因と考えられています。

冷え性は体温を調整する人体のメカニズムとの関連性も指摘されています。人間は生きていく上で体温を一定に保つことが重要ですが、気温が低くなって寒さを感じるような状況になると、人間の体は心臓などの重要な臓器が集まる体幹部に血液を多く集めて必要な体温を生み出そうとする性質があるため、手足などの末端部の血流が滞りやすくなります。そのために手足の温度が下がって、冷えを感じやすくなるのです。

ページTOPへ

ページの先頭に戻る