鉄泉(含鉄泉) 【るるぶトラベル】

鉄泉(含鉄泉)についてご紹介します。温泉の成分・泉質から選ぶ温泉旅行をご案内。ちょっとこだわりの温泉旅行をしてみませんか?

温泉大辞典 温泉の泉質から温泉の選び方がわかる!

鉄泉(含鉄泉)

鉄泉(含鉄泉)

鉄泉はその名前からイメージできるように、鉄分を多く含んだ温泉です。温泉の色が黄色、または赤色であることが多いのが鉄泉の特徴です。旅館や温泉地などで「赤湯」と呼ばれているものの多くは鉄泉と言われています。

ページTOPへ

鉄泉とは

鉄泉とは、温泉水1kg中に鉄イオンを20mg以上含んでいる温泉のことを言います。源泉は無色透明なのですが、空気に触れると酸化するので、温泉として入る際には赤色、黄色、赤茶色などに変色していることが多いのが特徴です。

舐めると渋味のようなものを感じる場合があり、嗅いでみると鉄が錆びたような匂いを感じます。鉄泉は酸化すると効能が下がるので、無色に近いほうが鉄泉の効果はより高いと言われています。

鉄泉は旧泉質名では、炭酸鉄泉と緑ばん泉(緑礬泉)の2種類に大きく分けられます。炭酸鉄泉は炭酸水素塩系の性質を持つ温泉であり、緑ばん泉は硫酸塩系の性質を持つ温泉のことを言いますが、新泉質名では鉄泉という大きな括りの下に、二酸化炭素、カルシウム、マグネシウムといった成分や炭酸水素塩系、硫酸塩系、塩化物系などの泉質の組み合わせによって細かく分類されています。

ページTOPへ

鉄泉(含鉄泉)に入れる温泉宿・ホテル・旅館をエリア・都道府県から探す

ページTOPへ

鉄泉の効能

鉄泉(含鉄泉)の効能

鉄泉は保温効果が高いことで知られており、体の芯まで温まるので冷え性に良いと言われています。また、鉄泉は鉄分を多く含んでいるので、鉄分不足が原因の貧血症にも効くと言われています。鉄分は消化器からの吸収がいいので、入浴ではなく飲用がとても効果的です。

飲用する場合は自身で判断して飲むことは控え、その温泉が飲んでいいものなのかどうかをきちんと確認してからにしましょう。また、病気によっては飲用に適さない場合もありますので、必ず医師などに相談してから飲用することが重要です。

なお、飲用した直後にお茶やコーヒーなどタンニンを含む飲み物を摂ると、鉄分とタンニンが結びついて効果が減少してしまうので注意が必要です。

鉄泉(含鉄泉)の効能

鉄泉は冷え性、貧血のほか、月経困難症、慢性婦人病にも効能があるなど、女性の悩みとして多い病気に効果が見られるため、特に女性にはおすすめの温泉です。

そのほか、温泉全般に効能があると言われている一般的適応症、つまり神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、慢性消化器病、痔疾、病後回復、疲労回復、健康増進にも効能が期待される温泉です。

ページTOPへ

ページの先頭に戻る