かけ流し天然温泉 【るるぶトラベル】

かけ流し天然温泉についてご紹介します。温泉の特徴から選ぶ温泉旅行をご案内。ちょっとこだわりの温泉旅行をしてみませんか?

温泉大辞典 温泉の特徴から温泉の選び方がわかる!

かけ流し天然温泉

かけ流し天然温泉

かけ流し(かけながし)天然温泉は、とても人気のある温泉です。どうせ温泉に入るなら、大自然の恵みから生まれたままの天然の温泉を楽しみたい。それこそが本物の温泉なんだといったようなこだわり派にとっては、気になるポイントです。

日本全国には星の数ほどの温泉地がありますが、すべてが純粋な天然温泉というわけではありません。温泉に水道水や入浴剤をブレンドしている施設もありますが、日本ではその旨をしっかりと明記してあれば温泉として認められています。

一概に天然温泉が素晴らしく、それ以外の温泉が良くないというわけではなく、それぞれの楽しみ方がありますが、それでも天然温泉は多くの方から愛されています。

ページTOPへ

かけ流し(かけながし)とは

自然の温泉をできるだけ本来の姿で味わうためには「かけ流し(かけながし)」という方法が適しています。かけ流しというのは温泉の給湯・排水方式の一つで、温泉を湯船に注ぎ続け、浴槽から溢れたお湯はそのまま捨てて再利用しないというやり方です。放流式とも呼ばれます。

一方、「循環風呂」と言われる方法の場合、湯船から溢れたお湯は捨てずに循環ろ過装置を通して汚れを取り除き、塩素系の消毒剤を入れて洗浄した後、温泉として再び利用されます。大量の湯量を安定的に運用するのに適した方法です。

昔は今ほど技術が進歩していなかったので、温泉と言えばほとんどがかけ流しでした。循環風呂であった場合でも、両者が差別化されることはそれほどありませんでした。そこまで大きな違いがあるとは思われていなかったのです。

かけ流しが見直されるきっかけになったのは、2000年前半に問題となった循環風呂でのレジオネラ菌繁殖による事故です。当時の循環風呂は衛生面での配慮が不十分だったのです。かけ流しの場合ですと、新しいお湯が次々と使われることになるので細菌の温床にはなりにくく、その安全面が評価されて大きく見直されることになったのです。

また、新しいお湯が次々と注がれるということは、温泉の鮮度が高いということであり、成分の劣化が少なくて、温泉本来の姿が保たれているということで人気があります。

※現在では、循環風呂も衛生面には気を使うようになったのでこのような問題は起こりにくくなっています。

ページTOPへ

天然温泉とは

天然温泉とは

天然温泉とは、地中から湧き出た温泉水に対して入浴剤を加えるといった成分調整を行っていない温泉のことを言います。特に「天然温泉100%」というふうに純粋な天然温泉だとうたう場合には、成分調整だけでなく水を加えるといったこともしていないことが条件として求められます。

また、同じようなものとして「源泉100%」という表現もあります。両者の違いは利用している源泉が温泉施設の所在地にあるかどうか。「源泉100%」では源泉が所在地に存在する必要があり、源泉を加工せずにそのまま浴槽に供給していなくてはいけません。

一方、「天然温泉100%」では、源泉が温泉施設の所在地に必ずしも存在する必要はありませんが、温泉のお湯そのものは自然のものである必要があります。温泉を掘り当ててその場で利用する場合は「源泉100%」、天然モノを移動してきて使用しているものは「天然温泉100%」とイメージすると分かりやすいのではないでしょうか。

天然温泉とは

原産地までとことん追求するこだわり派の方には「源泉100%」をおすすめしますが、自然の温泉を楽しみたいという方は「天然温泉100%」まで範囲を広げてみると、選択肢が増えます。

なお、天然温泉と表記する場合、加水、加温、循環ろ過など、お湯に手を加えた場合はそのことを明示する必要があります。

ページTOPへ

かけ流し天然温泉に入れる温泉宿・ホテル・旅館をエリア・都道府県から探す

ページTOPへ

かけ流し天然温泉以外の特徴から温泉を探す

ページの先頭に戻る