飲泉(飲む温泉) 【るるぶトラベル】

飲泉(飲む温泉)についてご紹介します。温泉の特徴から選ぶ温泉旅行をご案内。ちょっとこだわりの温泉旅行をしてみませんか?

温泉大辞典 温泉の特徴から温泉の選び方がわかる!

飲泉(飲む温泉)

飲泉(飲む温泉)

飲泉とは文字通り、温泉を飲むことです。温泉のもう一つの楽しみ方として知られています。日本では温泉というと「お湯に浸かる」のが一般的で、温泉を飲用する機会、できる場所は限られていますが、ヨーロッパではむしろ入浴するよりも飲用のほうが温泉の利用法として馴染み深いようです。

同じ温泉を利用するにしても、入浴した場合と飲用した場合では効能の影響力に違いが出たり、効能が異なったりすることがあります。日本では入浴するための温泉に比べ、飲泉として利用できる温泉はまだまだ多くありませんが、その効能が見直されて徐々に増えてきているようです。

ページTOPへ

飲泉にチャレンジ

温泉を飲用する際には、必ず飲泉として利用できるかどうかを確認します。飲用ではない温泉を飲むと、お腹を壊したり、病気になってしまう可能性もあるので控えましょう。

自然から湧き出ている温泉を飲むというのは、いわば消毒も何もされていない生水を飲むようなもの。人体に悪影響を及ぼす菌が潜んでいたり、衛生面で問題があったりする場合もあります。飲用できる温泉は必ず付近の掲示板などに明記されているので、安全をチェックした上で試してみましょう。

ページTOPへ

飲泉文化

飲泉文化

日本では飲用よりも入浴、ヨーロッパでは逆に入浴よりも飲用が温泉の主な利用法となっていますが、ヨーロッパでは温泉利用を医療の一部として捉えてきた文化があります。ヨーロッパの国々は日本に比べ、基本的に水の質があまり良くなく(通常水道水は飲むものではなく、レストランなどでも水は有料)、キレイな水質の温泉は飲用水として利用されてきました。また、温泉水を飲むと病気に対する効能があったことも飲泉文化を根付かせる下地になったと考えられています。

飲泉文化

ミネラルウォーターでお馴染みのエビアンも実は温泉水であり、水が採取されるレマン湖畔周辺は高級温泉リゾートとしても知られています。化粧用品で有名なアベンヌも温泉水を利用したものであり、日本人も温泉とは知らないで飲泉を利用してきているのです。

ページTOPへ

飲泉の効能

ヨーロッパではお風呂を楽しむというよりは、日本の漢方のような民間療法に近い捉え方をされてきた温泉ですが、それは入浴よりも飲用のほうが体に与える影響が大きいからだとも言えます。様々なミネラルを含んだものを直接体に取り込むため、効果も大きいのです。

影響力が大きいだけに、単に温泉に入浴する時よりも注意を払う必要があります。病気によっては、特定の泉質の温泉を飲用することが健康につながるどころか、逆に不利益をもたらすこともあり得ます。

たとえば、高血圧症や腎臓病、動脈硬化などの病気を患っていたり、むくみがある場合は塩化物泉、炭酸水素塩泉を飲用することは禁忌とされています。塩分が悪影響を及ぼすからです。甲状腺機能昂進症の方は、ヨウ素を含む泉質の飲泉は控えたほうがいいでしょう。また、下痢の時は硫酸塩泉、炭酸泉、硫黄泉、酸性泉などを飲用するのは避けましょう。

ページTOPへ

泉質別の代表的な効能

二酸化炭素泉(炭酸泉):慢性消化器病、便秘

炭酸水素塩泉:糖尿病、痛風、肝臓病、慢性消化器病

鉄泉(含鉄泉):貧血

硫酸塩泉:慢性胆のう炎、胆石症、肥満症、糖尿病、痛風、慢性便秘

硫黄泉(硫黄温泉):糖尿病、痛風、慢性便秘

酸性泉(酸性温泉):慢性消化器病

放射能泉:痛風、慢性消化器病、慢性胆のう炎、胆石症、神経痛、筋肉痛、関節痛

ページTOPへ

飲泉(飲む温泉)に入れる温泉宿・ホテル・旅館をエリア・都道府県から探す

ページTOPへ

ページの先頭に戻る