旬味探訪 〜全国味自慢プラン〜 【るるぶトラベル】

旬の食材を味わえるプランから、日帰り、部屋食、バイキングなど様々な食事スタイルのプランまでグルメを満喫できるプランが満載!

日本の旬の味を探す旅に出よう 旬味探訪

ブランド牛/飛騨牛

前のページへ戻る

ブランド牛/飛騨牛

飛騨牛と温泉を堪能できる旅館・ホテルで、とっておきの休日を

歴史はまだ浅いのですが、飛騨牛のおいしさは少しずつ全国に広まっています。有名なブランド牛に匹敵するおいしさと褒める人も少なくありません。そんな飛騨牛のふるさとは、高山祭で有名な岐阜県高山市のある飛騨地方。あふれる自然と飛騨牛のおいしさを満喫しに飛騨地方へ足を延ばしてみませんか。

飛騨牛を堪能できるおすすめのホテル・旅館

  • 宿泊プランはこちら
  • 航空券付きツアーはこちら

飛騨牛躍進の立役者は、銘牛「安福号」

昔、飛騨地方の牛は農耕用として育てられていましたが、機械化が進んでその役目はなくなりました。その後、肉牛としての改良が始まり、ある銘牛の登場で飛騨牛がブランド牛としての地位を築いていったのです。

<飛騨牛が認められるきっかけとなった牛>

飛騨牛が有名になる立役者となったのは、昭和56年に1,000万円で落札された「安福号」という雄牛です。この安福号の子どもたちが次々と高値で落札されていき、おいしさが認められてブランド牛に育っていったのです。

<呼び方を使い分けている飛騨牛>

実は飛騨牛は2通りの呼び方があります。ひとつは「ひだうし」。これは飼育されている父牛と母牛の呼び方。その子どもが食肉になると「ひだぎゅう」と呼ばれるようになるのです。

<ジューシーで芳醇な味わい>

岐阜県高山市が位置する飛騨地方は、空気も水もおいしい自然豊かな地です。そんな飛騨地方で育った飛騨牛は、肉質が柔らかくとってもジューシー。きれいなうすいピンク色の肉は細かく脂肪分が入り込んだ霜降りで、芳醇な味わいなのが特徴です。

情緒たっぷりの旅館やホテルで飛騨牛を味わう、寛ぎの旅行へ

まるで日本の原風景のような奥飛騨には、静かで落ち着ける旅館がたくさんあります。きれいな空気と緑豊かな山々の景色も相まって、旅館やホテルでいただく飛騨牛料理のおいしさは格別。日本情緒と飛騨牛を味わいに訪ねてみては。

  • 旅館飛騨牛の宿

    旅館飛騨牛の宿
    宿の名前からもわかるように、飛騨牛を存分に味わうことができます。でも、ここでの食べ方はステーキやすき焼きではありません。飛騨牛をせいろ蒸しにして、ポン酢だれやゴマだれで食べるのです。この味を求めて、全国から食通が訪れているとか。また、この宿の自慢は料理と温泉。奥飛騨の山々を眺めながら、露天風呂でのんびりしてください。

    宿泊プランはこちら

  • 奥飛騨ガーデンホテル焼岳

    奥飛騨ガーデンホテル焼岳
    ホテル「焼岳(やけだけ)」の特徴は、8種類の温泉の湯めぐりが楽しめるところ。混浴エリアもあります。手ごろの料金で日帰り温泉も楽しめるので、観光の途中でフラッと立ち寄ってもいいですね。食事では奥飛騨の郷土料理を味わえます。もちろん飛騨牛も堪能でき、ステーキやしゃぶしゃぶ付きのプランがおすすめです。

    宿泊プランはこちら

  • 鄙の館松乃井

    鄙の館松乃井
    大人向けの癒しの宿「松乃井」は完全部屋食。ご家族やお友だち同士で、落ち着いた雰囲気のなか、絶品の料理を味わうことができます。飛騨牛御膳やいろり会席、飛騨牛ステーキ、炙りにぎりなど、飛騨牛料理が満載。また、掛け流しの温泉は開放的で、ゆったり過ごせます。湯上りには、名物のしそジュースをどうぞ。

    宿泊プランはこちら 航空券付きツアーはこちら

  • 奥飛騨薬師のゆ本陣

    奥飛騨薬師のゆ本陣
    旅館「薬師のゆ本陣」の会席料理は、囲炉裏を囲んで味わうことができます。また、岩露天風呂は源泉掛け流し。重曹泉と呼ばれる泉質は「美人の湯」として美肌効果があるそうなので女性にはうれしいですね。

    宿泊プランはこちら

飛騨牛を堪能できるおすすめのホテル・旅館

  • 宿泊プランはこちら
  • 航空券付きツアーはこちら
旬味探訪特集トップへ戻る

SNS

  • facebook
  • twitter
  • googleplus

ページの先頭に戻る