旬味探訪 〜全国味自慢プラン〜 【るるぶトラベル】

旬の食材を味わえるプランから、日帰り、部屋食、バイキングなど様々な食事スタイルのプランまでグルメを満喫できるプランが満載!

日本の旬の味を探す旅に出よう 旬味探訪

鍋/あんこう鍋

前のページへ戻る

鍋/あんこう鍋

旬の味を満喫! 旅館・ホテルで味わう絶品「あんこう鍋」

おいしい郷土料理を味わうのが旅の醍醐味のひとつ。寒い冬には、あたたかい鍋料理がいいですね。中でも「西のふぐ、東のあんこう」と言われる高級鮮魚のあんこうを使った鍋は、茨城県を代表する郷土料理として多くの旅館・ホテルで提供されています。あんこうの旬は11月から3月ですので、このシーズンにあんこう鍋をぜひどうぞ。

あんこう鍋を堪能できるおすすめのホテル・旅館

  • 宿泊プランはこちら

旅館で楽しむ「あんこう鍋」の魅力、おいしさのヒミツは?

ちょっと怖そうな顔をしたあんこうですが、見た目からは想像できないほど、味はすこぶる極上で、あんこう鍋は農林水産省が選ぶ農山漁村の郷土料理百選に認定されているほど。一度食べたらやみつきになる!? あんこう鍋の魅力、おいしさのヒミツをご紹介します。

<美容と健康に効果満点>

あんこうは、多くの栄養成分を含んだヘルシーな魚。身は淡泊で低脂肪&低カロリー、皮やひれにはコラーゲンがたっぷり。さらに、肝にはビタミンA・B12・Dが豊富に含まれています。おいしく食べて美容と健康にも効果があるということで、女性に大人気というのもうなずけます。

<あんこうの七つ道具>

骨とアゴ以外は捨てるところがなく、ほとんどの部位が食べられるあんこう。だい身(身の部分)・皮・胃・肝臓・卵巣・えら・ひれの各部位は、「あんこうの七つ道具」と呼ばれ、それぞれ風味や食感が違います。あんこう鍋なら、これらすべての部位を一度に楽しめます。

<海のフォアグラ>

あんこうの数ある部位のなかでも、とりわけ珍重されているのが肝臓(あん肝)です。その濃厚さ、口溶けのなめらかさは、まさに「海のフォアグラ」と呼ぶにふさわしいもの。特に肝臓が肥大化する11月から2月が、最もおいしい時期とされています。

<独特な吊るし切り>

あんこうは体が柔らかく表面にぬめりがあるため、まな板でさばくことが難しく、吊るし切りという独特なさばき方をします。その方法は、下あごに大きな鉤を引っかけて吊るし、あんこうを回転させながら各部位を順番にさばいていくというもの。吊るし切りのパフォーマンスは茨城県内の一部のホテルなどでも行われ、冬の風物詩のひとつになっています。

<多彩な味付け>

あんこう鍋の味付け(調理法)は大きく分けて4種類。漁師風の味として旅館や民宿、料理店などで多く出される「味噌味」、高級な料亭などで好まれるのが「醤油味」、大洗町や北茨城市の一部の店で味わえる濃厚な「どぶ汁」、そして、あんこうと野菜の水分だけでスープをつくる「漁師風どぶ汁」。どの調理法でも、シメはご飯と玉子、出汁を加えて雑炊にして食べるのが定番です。

あんこう鍋と温泉で心身ともにポッカポカ! 茨城県の温泉旅館&ホテル

冬の茨城を旅するなら、代表的な郷土料理「あんこう鍋」が楽しめる宿を選びたいところ。のんびり温泉につかり、夕食は旬のあんこう鍋を満喫。心も体もあたたまり、コラーゲンたっぷりなので女性の美肌効果も期待できそうです。

  • 北茨城ロハス 磯原シーサイドホテル

    北茨城ロハス 磯原シーサイドホテル
    全室、海からのぼる朝日を見ることのできる眺望満点の宿。ここで提供されるあんこう鍋は、茨城県から福島県南部の太平洋沿岸地域に伝わる漁師料理「どぶ汁」という独特なもの。茨城の冬の海の恵みを、ぜひ味わいたいものです。

    宿泊プランはこちら

  • うぐいす谷温泉 竹の葉

    うぐいす谷温泉 竹の葉
    渓流と竹林に囲まれた閑静なエリアにある、まさに隠れ湯的な風情ある一軒宿。料理は地元産の旬の食材を厳選して使い、冬期限定のあんこう鍋では、肝の脂が上質で美味とされる「きあんこう」が提供されます。

    宿泊プランはこちら

あんこう鍋を堪能できるおすすめのホテル・旅館

  • 宿泊プランはこちら
旬味探訪特集トップへ戻る

SNS

  • facebook
  • twitter
  • googleplus

ページの先頭に戻る