旬味探訪 〜全国味自慢プラン〜 【るるぶトラベル】

旬の食材を味わえるプランから、日帰り、部屋食、バイキングなど様々な食事スタイルのプランまでグルメを満喫できるプランが満載!

日本の旬の味を探す旅に出よう 旬味探訪

鍋/クエ鍋

前のページへ戻る

鍋/クエ鍋

鍋の王様「クエ鍋」を旅館で堪能する、冬のグルメ旅へ

冬の旅の楽しみのひとつが、旅館やホテルで堪能するお国自慢の鍋料理ですね。そんな鍋料理のなかで、近年、注目されているのが和歌山県日高町の郷土料理「クエ鍋」。成魚は大きいもので1m以上にもなり、そのいかつい風貌とは似ても似つかぬほど、味わいは上品で繊細。またゼラチン質に富んだ食感は、グルメもうならせるほど。幻の魚とも呼ばれるクエ、その味を最も引き立てる鍋料理をぜひ旅のプランに組み入れてはいかがでしょう。

クエ鍋を堪能できるおすすめのホテル・旅館

  • 宿泊プランはこちら

温泉旅館で寛ぎ、絶品「クエ鍋」を堪能。身も心もポッカポカ

和歌山県や高知県の旅館・ホテルで提供されることの多いクエ鍋。「クエを食べたら、もう他の魚はクエん(食えん)」とも言われるほどのおいしさを、ぜひ一度味わってみては。その味覚に夢中になってしまうかもしけません。クエが幻の魚と呼ばれるそのわけ、クエ鍋がそれほどまでに愛される理由をさぐってみましょう。

<クエの名前の由来>

クエ=九絵。その名の由来は、クエの体の縞模様が成長とともに変化して九つの絵を描き出すこととされています。地方により呼び名は異なり、九州ではアラ、四国ではアオナ、愛知ではマス、三重ではクエマスなどの名前が付けられています。

<幻の魚と呼ばれるわけ>

大きくなると体長1m以上、重さ30〜50kgにもなるクエ。群れをつくらず岩礁地帯の底にひそんで生活するため漁法は一本釣りや延縄漁などに限られ、熟練の漁師でさえ釣り上げるのが難しく、“幻の魚”と呼ばれています。釣り好きの憧れの的となっており、大きいクエが釣り上がると新聞の地方版を賑わせることがあるほどです。

<淡泊なのにこってり>

近頃では養殖ものも出回っているクエですが、天然ものの切り身は熱を加えるとギュッと締まり、脂の乗り具合とともに例えようのないおいしさ。淡泊なのにこってりと旨味の凝縮されたその味は、他の白身魚では味わえないものです。

<コラーゲンもたっぷり>

おいしさばかりでなく、クエのぷりっとした食感の白身には美肌効果抜群のコラーゲンがたっぷり含まれています。クエ鍋を食べた翌日は、ぷりぷりのもち肌を実感できるという女性の声も聞かれるくらい。おいしく食べて美容効果もあるなんて、女性にとってはなんともうれしい魚です。

<シメの雑炊も絶品>

クエ鍋を満喫したあとに、もうひとつ楽しみが残っています。それはシメの「雑炊」。その身同様にあっさりとした中にも旨味の凝縮した最高の出汁が、クエ鍋の仕上げに至福のひとときを演出してくれるでしょう。

和歌山の温泉旅館・ホテルで本場のクエ鍋に舌鼓

天然温泉でゆったり疲れを癒し、夜はおいしいクエ料理を満喫。クエ鍋の本場・和歌山ならではの、グルメ旅行に出かけませんか。クエ鍋セット付きのプランをはじめ、お好みの宿泊プランをお選びください。

  • 湯快リゾート 白浜御苑

    湯快リゾート 白浜御苑
    日本書紀、万葉集にもうたわれた名湯で寛ぎのひととき、そして食事は朝食・夕食ともにバイキング形式で「お好きなものを、お好きなだけ」。本クエ鍋セット付きのお得なプランがおすすめです。

    宿泊プランはこちら 航空券付きツアーはこちら

クエ鍋を堪能できるおすすめのホテル・旅館

  • 宿泊プランはこちら
旬味探訪特集トップへ戻る

SNS

  • facebook
  • twitter
  • googleplus

ページの先頭に戻る