疲労回復・病後回復・ストレス解消におすすめの温泉 【るるぶトラベル】

疲労回復・病後回復・ストレス解消におすすめの温泉についてご紹介します。温泉の効能から選ぶ温泉旅行をご案内。ちょっとこだわりの温泉旅行をしてみませんか?

温泉大辞典 温泉の効能から温泉の選び方がわかる!

疲労回復・病後回復・ストレス解消におすすめの温泉

疲労回復・病後回復・ストレス解消におすすめの温泉

疲労回復・病後回復・ストレス解消におすすめの温泉についてご紹介します。
疲労感が抜けない、体が重くて動きたくない。でも、会社(学校)には行かないといけない…。多くの方がそのような経験をお持ちではないでしょうか。病気を「健康状態からの逸脱」と考えるならば、おそらく疲労は最も患者の多い症状でしょう。

病後回復とは、病気をした後や退院後に体力が落ちている状態から普段の状態にまで戻していくことを言います。病気にかかると、自己免疫システムが病気を治すために一生懸命働きますが、その代わりに体力は落ちていきます。また、入院してベッドの上でずっと過ごすようになると筋力、体力の低下を招いたり、慣れない生活でストレスを抱えたりしてしまい、疲労感に襲われることもあります。

普段から疲労回復と言えば入浴を発想する方も多いと思いますが、温泉なら疲労回復・病後回復に加えて、さらに英気をプラスすることができるかもしれませんね。

ページTOPへ

疲労回復・病後回復・ストレス解消と温泉

生活習慣からくる疲労の回復には、規則正しい食生活と適切な運動、そして休養を取ることが重要です。じっくり体を休めることはとても大切なことです。

休養を取るという意味では、家族や気心の知れた友人とゆっくり温泉に浸かるのもいいでしょう。お風呂に入ることで筋肉がほぐれてリラックスでき、温熱効果で血行も促進されます。それによって新陳代謝も高まり、体内に溜まっていた老廃物も排出されやすくなります。

ぬるめの温泉なら副交感神経が活発になり、神経の緊張も取れて、ゆったりと落ち着いた気持ちになります。水の浮力によって体が軽くなるので肉体的疲労も抜けやすくなり、病後回復にも最適です。休日に温泉に出かけ、ぬるめのお湯にゆっくりと浸かって、日頃のストレスを発散するのはおすすめです。

また、ちょっとした運動は「アクティブレスト(積極的休息)」とも言われ、体から疲労物質を取り除くのに効果的。体を動かすことには気持ちをリフレッシュさせる働きもあり、体にとっても心にとっても非常に健康的なことです。疲れた体をまずは温泉旅行でゆったり癒やしてあげて、英気を養ったら、ウォーキングや軽いランニング、ストレッチなどを始めてみるのもいいですね。

ページTOPへ

疲労回復・病後回復・ストレス解消に効果があると言われる泉質

疲労回復、ストレス解消は温泉の一般的な効能であり、泉質などは特に気にせず好きな温泉に入るのがよいでしょう。病後回復のための温泉入浴は、病気ごとに変わってくるので、まずは医師などに相談してみましょう。

ページTOPへ

疲労回復・病後回復・ストレス解消におすすめの温泉宿・ホテル・旅館をエリア・都道府県から探す

ページTOPへ

疲労について

疲労について

疲労というのは、痛みや発熱とともに人間に体の異常を知らせる大切な役割を持っています。その疲れがなかなか抜けないということは、体が何らかのSOSを出している可能性が大きいということです。

疲労が回復しない原因は大きく分けて二つあります。一つは何らかの病気が引き金となって疲労感を生んでいる場合です。病気が原因となっている場合は、体がその病気と闘い続けている状態なので、疲労感が持続することが多いのです。何もせずに休んでいてもずっと疲れを感じるという時は、一度病院で検査をしてもらうことを考えた方がいいかもしれません。

疲労を呼び込むもう一つの要因は、生活習慣の中にあります。肉しか食べない、食事をお菓子で済ますなどといった偏った食生活をしていると、体に必要なビタミンやミネラル等が不足し、疲れが溜まりやすくなります。バランスのいい食事を取らなければ、十分なエネルギーが補給できないのです。

疲労について

また、十分なエネルギーを摂取していても、ずっと同じ姿勢でいたり、長時間働いたり、過度な運動をしたりしても疲労は蓄積されていきます。ただ、適度な運動は体に溜まった老廃物や乳酸を取り除くのにとても有効です。エクササイズは、オーバーワークにならない程度の軽い運動にとどめておくことが肝心なようです。

人間関係や仕事、プライベートでのいざこざから抱えるストレスも疲労の原因になります。適度な運動はストレス解消にもつながり、リフレッシュすることで精神的な疲労を取り除くことにも有効ですので、時間がある時は軽く汗をかく程度に気持ちよく体を動かすように心がけたいものですね。

ページTOPへ

ページの先頭に戻る