単純温泉(単純泉) 【るるぶトラベル】

単純温泉(単純泉)についてご紹介します。温泉の成分・泉質から選ぶ温泉旅行をご案内。ちょっとこだわりの温泉旅行をしてみませんか?

温泉大辞典 温泉の泉質から温泉の選び方がわかる!

単純温泉(単純泉)

単純温泉(単純泉)

単純温泉(単純泉)は今、日本で一番多い泉質と言われています。かつては塩化物泉に次いで2番目だったそうですが、温泉を掘り当てる技術の向上により、順位が変わったようです。

また単純温泉の中でも、水素イオン濃度指数(pH)が7.5以上のものは弱アルカリ性単純温泉、8.5以上のものはアルカリ性単純温泉と分類されています。

ページTOPへ

単純温泉(単純泉)とは

温泉の泉質というのは、温泉法により明確に定義されています。単純温泉とは、湧出したお湯の温度が25度以上で、温泉水1kgのうち含有成分が1000mg未満のものを言います。

単純温泉はその名前から「成分が単純な温泉」と誤解されることがありますが、そうではありません。各成分の量がそれぞれ基準値未満であることを示しているだけですので、成分の種類とは一切関係ありません。つまり、同じ単純温泉でも、Aの成分が比較的多い温泉、Bの成分が比較的多い温泉、各成分のバランスがいい温泉と、個々の温泉によって泉質が微妙に変わってくるのです。

単純温泉は簡単に言うと、「温泉法が温泉の成分と定めているものの量があまり多くない温泉」です。ただ、だからといって、質の低い温泉とは一概に言えません。成分の高い温泉の中には刺激が強いものがあり、肌の弱い人など人によっては肌荒れを起こしたり、湯あたりを起こしたりしやすい場合もありますが、単純温泉ではそういったリスクが少なくなります。

単純温泉は無色透明で無味無臭のものが多く、刺激も弱いため心地よく入りやすく、子どもやお年寄りなど抵抗力が高くない人でも安心して浸かることができます。だからこそ、温泉の入門編として非常におすすめできる泉質なのです。

また、弱アルカリ性単純温泉、アルカリ性単純温泉には皮膚の古い角質を取り除き、肌の新陳代謝を促してツルツルにしてくれる働きがあるので、「美肌の湯」や「美白の湯」と言われることもあります。女性にとっては特にうれしい効能ですね。

ページTOPへ

単純温泉(単純泉)に入れる温泉宿・ホテル・旅館をエリア・都道府県から探す

ページTOPへ

単純温泉(単純泉)の効能

単純温泉(単純泉)の効能

単純温泉は一般的適応症(※1)、具体的には神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復、疲労回復、健康増進に効能が期待される温泉です。

刺激が少ないため、病後回復期や外傷後の療養などにも適しており、また、高齢者にも優しい泉質で、全国各地で「名湯」として知られる温泉が多いのも特徴です。

温泉は、温熱効果により体が温まって血流が良くなると、新陳代謝が高まって古い細胞から新しい細胞に入れ替わりやすくなり、体の中に溜まっている老廃物を排出する作用が高まることでも知られています。また、水の浮力作用により、お湯の中では体重が軽くなって筋肉の緊張が取れ、心身ともにリラックスする効果もあります。

単純温泉(単純泉)の効能

一方、飲用した場合は軽度の胃腸炎に効能があると言われており、尿の排出を促進します。

※1)環境庁自然保護局長通知によりすべての温泉に効能があるとされている疾病・外傷

ページTOPへ

ページの先頭に戻る